ジェットスター 成田空港

成田空港情報・成田空港アクセス

成田空港

成田空港は1978年5月20日に羽田空港とともに日本の代表の空の玄関口として開港されました。

国内線・国際線があり、世界の主要都市に発着しています。

正式名称は「成田国際空港」となりました。以前は「新東京国際空港」とも言われておりました。

都心までは50から60kmぐらいとなります。

開港当初の際、乗り継ぎが不便と、一部酷評される事がありましたが、成田エクスプレスと、成田スカイアクセスの生誕から利便性が増えてきました。

最寄りの駅はJR東日本や、京成電鉄の「成田空港駅」と「空港第2ビル駅」が最寄りの駅となります。

バスのご利用については、各バス会社が都内各地の主要ホテルや羽田空港や千葉県内の主要駅等などより高速バスやリムジンバスなどが運行しています。

 

設置場所
千葉県成田市
アクセス
鉄道
JR東日本(成田線)、京成電鉄(本線・成田空港線)/空港第2ビル駅、成田空港駅
高速・リムジンバス
東京空港交通、成田空港交通、京成バス、千葉交通などが東京シティエアターミナルや主要ホテルなどの都内各地や千葉県内の主要駅、横浜シティ・エア・ターミナルや羽田空港などとの間を5分-60分に1本程度の頻度で運行しています。発着地により共同運行会社も乗り入れています。
一般路線バス
成田空港交通千葉交通が運行。航空科学博物館・南部工業団地・多古・大栄・佐原・栗源の各方面の近距離路線バスが運行されている他、九十九里海岸方面の空港シャトルバスも運行されています。
ヘリコプター
森ビルシティエアサービス/成田エアラインコネクション(運航区間はアークヒルズヘリポート(東京都港区)- 成田(佐倉))
この他雄飛航空(成田ヘリ・エクスプレス/チャーターのみ)、東京ヘリポート、埼玉川島ヘリポート、群馬ヘリポートがあります。
道路
東関東自動車道から新空港自動車道を経由し、新空港ICから第1ゲートもしくは第2ゲートより入場。
国道295号(通称:空港通り)から第2ゲートより入場。
国道296号から千葉県道106号八日市場佐倉線または千葉県道62号成田松尾線を経由し、第6(南)ゲートより入場。

成田空港 地図