ジェットスター 関西空港

関西空港情報・関西空港アクセス

 

関西国際飛行場の通称は「関空」や「関西空港」などと言われています。関西の三飛行場の一つで、大阪市より南西38km離れる人工島に位置し、1994年9月4日に開港されました。日本で旅客と航空貨物を24時間運用サービスを初め開始した飛行場です。実際は新千歳空港が24時間運用開始した初の飛行場ですが、貨物しか運用してません。さらに、関西空港は、人工島に設立された最初の海上空港でもあります。

関西空港建造物としての飛行場やその可能性などに関して、日本国外よりすごく高く評価されました。「AIRPORT of the YEAR 2006」では関西国際空港が世界第4位に選ばれました。飛行場ターミナルビルが、20世紀の代表される事業に送られる「Monuments of Millennium」の「空港の設計・開発」に選ばれました。利用者が空港の設備やサービスについて採点した結果でした。

また、完全な海上空港という珍しい場所よりポピュラーメカニクス誌によって世界で一番奇妙な18の空港で第1位にも選ばれました。
尚、地球儀に翼をつける事で擬人化された「カンクン」と呼ばれたマスコットもいます。
JR西日本・南海電気鉄道「関西空港駅」は一番最寄りの駅です。他には、関西各地とを結ぶリムジンバス路線網と海上空港である事を生かして高速船が運航されております。

 

住所
〒549-0001 大阪府泉佐野市泉州空港北1
アクセス
鉄道
JR西日本(関西空港線)、南海電気鉄道(空港線)/関西空港駅
リムジンバス
南海バス/Sorae(泉ヶ丘駅・金剛駅方面、河内長野駅方面、堺東駅方面)、泉佐野駅・日根野駅方面(鉄道が運行しない深夜?早朝のみ)
関西空港交通/各地に発着
道路
関西空港自動車道、阪神高速道路
高速船
南海バス/神戸-関空ベイ・シャトル(関西空港ポートターミナル-神戸空港海上アクセスターミナル)

関西空港 地図